思い出を抱きしめて...

20歳で逝ってしまったあなたへ

やっぱり普通の感覚には戻れない

今日は結構な本格的雨で、

家で義母と居ると鬱々してしまうので

ショッピングモールへ行ってきました。


最近は本当に外と遮断したような生活で

家族以外としゃべる事も無くなってます。

でも、それも一つのリハビリだと思って

日々家事に頑張っていたのですが、

なんだか、ポッカリと落ち込む日が増え…

これではいけないなあとあれこれ考えてはいるのです。


とにかく、身体だけは元気でなければと

むやみやたらと動いていたのですが、

もうなんだか疲れてしまって…

だらけてしまう…🙀


話を戻して…

雨の日のショッピングモールはウォーキングに適しています。

でも、テクテクと歩いていると、友人に出会ってしまいました😓


立ち話…長い…😰

子供の将来や、自分の老後の計画話など…

以前なら、そうそう!そうだよね!

と話していた内容が、もうどれもこれもどうでもよく思えて、適当に相づちしながら上の空😔

非常に疲れてしまった…気分転換に行ったのに😰


彼女は言います…

「○○ちゃん、人生楽しく生きような! これからは自分の為に楽しまなきゃ!」


はあ…誰の事ですか…

誰に言ってるんですか…


お迎えが来るまで、丁寧に生きていこう…

遺された家族を支えて生きていこう…

とは思います。


でも、心から楽しめる日が来るとは今は到底思えない。


雑誌に載っていた…

「諦めた時点で、脳は活性化を停止する。常に興味をもって新しいことに挑戦しましょう!」


色々諦めてストレスだらけのこんな生活のままだと、早くに認知が進んでしまうかも😓

せめて、運動しよう…

葬式体験

先日TV で自殺防止ビジネスというものが有ることを知りました。


確か、韓国だったかな…

自殺者数が断トツに多いって言ってたと思います。


その内容は…

「自分の葬式を体験する」


まず、なぜ死のうと思うのか、抱えている問題を書類に書く。

そして自分の遺影を用意し、

棺桶の中に入って30分…瞑想?する。


終わった頃にはスッキリして、

死のうなんて気持ちは無くなったと、

参加者は言っていました。


うろ覚えなので、色々間違っているかもですが、大体こんな内容…


でも、本当に一線を越えようとしている人は、こんな事体験しようと思うでしょうか…?


こういう内容をバラエティで紹介して、時に笑いを交えていたのが、凄く悲しかった😢


日本でも、棺桶に入ってみる体験みたいなのが有ったような…?


でも、こういう事も有るんだよという情報を心の片隅に残していれば、ひょっとして助かる命も有るのかも知れない…

敬老の日

今日は敬老の日

お年寄りを敬う日…だっけ?


義実家はそういう習慣が無く、

子供が小さい頃、義両親にメッセージカードを添えてプレゼントしていたら、

理屈っぽい義父には色々突っ込まれ、

無神経な義母には、これまた無神経な事を言われて嫌な思いをしていた。


子供が大きくなってからは、夕食をちょっと豪華にするだけにした。


もしも私が早くに子供を産んで、その子も早くに子供が出来ていたら、もう孫が数人居てもおかしくない。

実際、同級生には早くから孫が居る人も少なくない。


もう、叶いそうも無いけれど…

孫からそういう風に祝って(祝うで合ってる?)貰うと嬉しいのかな…?


年を経るって、こんなことになって思うけれど…

果てしなく長いなあ…

100歳とか…どんだけ長いんだよ😓


それを思うと、今日は

長生き、お疲れ様の日?

よく頑張って生きてこれましたの日?


生きるって楽しい事より辛い苦しい事の方が多い。

そうじゃない人も居るんだろうけど…


それを、色々乗り越えて今が有るんだな。


私は、後何年生きるんだろう…

誰かに敬老の日とかって祝って貰う日が来るのだろうか…


嫌いな義母を見ると、

この人も色々日々乗り越えてるのかな…

と、ちょっと優しい目で見てみようかなと考えた朝でした。