思い出を抱きしめて...

20歳で逝ってしまったあなたへ

あの日からの季節を繰り返す

最近、また一人泣くことが多くなった


暫く空白が多かった昨年の日記


見ると四十九日だった…


一年過ぎれば…何かが変わっているかなと思ったけど…


確かに昨年のように号泣することは

なくなった

でも、一人静かに泣くことが多くなった



あの突然の衝撃から、

呆然と過ごした日々の季節を

またたどる…


ふと、長いこと帰ってないな…

どうしてるんかな…


なんて思う



こんなに長い間会わなかった事が無かったから…

この思いを繰り返して、

会えない寂しさを繰り返していくんだな




同じ立場の先を歩く誰かが書いていた…


 色々疲れてくるんです

 泣くことにも、悲しむことにも

 前を向いている訳では無いけれど

 居ないという事に少しずつ

 慣れていってしまうんです



私はまだまだ、

泣くことにも悲しむことにも

疲れて無いんだ…


でも、なんだか疲れたなあ…

って思う


この思いを繰り返して、

いつか慣れてしまうのかな



今はただ寂しい…


 

結局チャイムは鳴らなかった

お盆の間に玄関のチャイムがまた鳴るのでは…と

期待している自分が居た


昨年真夜中に鳴った時は、悪戯かと思って開けてあげれなかった


今年は真夜中だろうと早朝だろうと、絶対開けてやろうと思ってたんだけど…


鳴らなかった😢


それとも、

いつも一緒だから鳴らす必要が無かったのかな…

なんて考えても霊感の無い私には何にも感じる事が出来ていない😔



ドラマで

余りにも辛い現実を受け入れられなくて、海外に居ますとか、遠く離れて暮らしていますとかいう場面があるけど、

ある意味そうなんだし、そう思い込むと楽かもしれない…


現世外で元気にしています…

死ぬまで会えない処だけれど互いに大切に思っています…



未だに現実逃避が止まらないや😰

スーパーボランティア尾畠さん

行方不明だった2才の男の子

見つかって本当に良かった

あんなに小さな子の生命力と

生きようとする本能…?

様々な奇跡が重なったのかも知れないけれど、


尾畠さん❗

なんて素晴らしい方なんでしょう❗


その生きざまや活動を知り、

久々に感動の涙を流しました


そして同時に私は足元にも及ばないや…😢

とまた自虐…


大切な宝物を守れなかった私に何が出来る?

何にも出来ない…ってあの日から自信を無くしてしまっていた


何度か今の私にでも出来ることは…

と考えたけれど、自分が元気でないと人は助けられないと聞き…

無理だな…と


○○ちゃん…

こんなおかんにも出来る事って有るやろか?

考えてみようかな…


下の子の前だけでは元気を出してるんだけどね

時々飲み込まれそうになるんだよ

おかんもそういう気質なんだよ

ごめんね😢


でもね、元気でないとね…

尾畠さんに少しパワーを貰った気がするよ